鬼滅の刃人気の理由

社会現象になるくらいまで「鬼滅の刃」がヒットした理由はなんでしょうか。
鬼滅の刃が人気となったのは、原作の漫画がおもしろいということはもちろんですが、大きな要因はアニメ化されたことが大きいと思います。
2016年2月から週刊少年ジャンプで連載されて、テレビアニメでは原作の7巻冒頭までの話を「竈門炭治郎 立志編」にして、全26話、4月から2クールにわたり放送しました。
そしてそのテレビアニメの続編として、映画「鬼滅の刃 無限列車編」ができました。
鬼滅の刃の魅力は、やはり原作にあります。
家族思いの主人公炭治郎は妹を人間へ戻すため、家族の仇をうつため鬼殺隊に入り鬼狩りの任務に就きます。
鬼と戦いながらも炭治郎は彼らに同情もしています。
復讐心にとらわれることなく妹を元の姿へ戻すための方法を探しています。
過酷な運命の中、希望を捨てることなく強い信念を持ち戦っている姿は誰もが応援したくなります。
この心優しい主人公のキャラクター、やさしさが多くのファンを惹きつけました。
さらに修行や激闘の中で仲間と一緒に成長していく姿がバトル漫画の王道で、炭治郎は誰もが応援したいと思える少年漫画の王道の主人公なのです。
鬼を殺すシーンなど残酷でハードな所も多いのですが、シリアスなシーンの中にちょっとした笑いもあるなど親しみやすくなっています。
炭治郎たちだけではなく敵も含め多くの登場人物に関してその背景をきちんと描いているため感情移入をしやすいのも各キャラクターの魅力を理解できて、ファンを増やした要因だと思います。
また鬼滅の刃は展開の速さも魅力です。
アニメでも映画でも次から次へと物語が進んでいき物語の世界へ吸い込まれていくこととなるでしょう。
さらに鬼滅の刃が人気の理由は作品のクオリティーの高さにもあると思います。
鬼滅の刃のアニメーションを制作した「ufotable」は作画の美しさにとても定評のある会社です。
美しい映像、豊かな表現力によって原作の魅力をさらにアニメ、映画で引き出した形となりました。
アニメや映画で使われている音楽との融合も魅力です。
音楽は梶浦由記、椎名豪によるもので、各話ごとの映像に合った音楽を作ってきました。
映画でも映画の世界観に合わせて物語を最大限盛り上げています。