英語はあくまで第二言語であり、母国語ではない

日本語を正しく覚えることがその後の正しい英語教育につながると考えている。人生の大半を海外で生活すると考えているのであれば、幼児期から英語の教育が必要であると考えるが、大部分の人は人生の大半を日本で過ごすはずです。

そんな中で正しい日本語を使えないというのは社会人として致命的な欠点になりかねません。

幼児期はまず正しい日本語を身につけることに重きをおいた教育をすべきだと考えます。

それによって日本の良さを理解することもできるし、なぜ英語を勉強すべきなのかも自分の言葉で表現できるようになると考えています。

英語はあくまで第二言語であり、母国語ではありません。

英語教育についてもまずは母国語ありきで進めるべきだと考えます。
幼児期は物覚えがとても早いのでメリットとしては、ネイティブに近い英語力を身につけることができる可能性が高いということだと思います。

ただ、これはデメリットにもなりえ、発音のしっかりしない教師に習う英語では、せっかく身につけたものが海外で全く通用しないリスクも考えられます。

デメリットは、日本的な考え方ができなくなることだと思います。

英語はシンプルな言語です。

まずは結論ありきの言語ですので、日本語の良さである、曖昧さなどが排除されてしまっています。

日本で生きていく上では、行間を読むということもとても大切ですし、時には曖昧な表現をすることが必要なこともあります。

これらの日本的な考え方ができなくなってしまうリスクがあるのはデメリットです。
7+bilingual 返品